13年9月20日放送
地図
※地図をクリックすると拡大します
 

【東北湯けむり紀行】 2013年9月20日放送
山形県 ひまわり温泉

■アクセス
【車】
山形自動車道・寒河江ICから国道112号経由で5分
【電車】
JR左沢線・羽前長崎駅から徒歩10分


共同浴場 岩風呂
湯遊ランドはなわ
湯遊ランドはなわ
湯遊ランドはなわ
山形市に隣接する中山町は山形で最も面積の小さい自治体、人口は1万2千人。町の中心・長崎地区は江戸時代に最上川舟運で賑わい、多くの人と物資が行き交った。山形の秋の風物詩・芋煮会が始まったのは、この頃と推測される。船頭らは船で運んできた棒ダラと船着場近くの小塩地区でとれるサトイモを煮て食べていたという。鍋をつるしたとされる松は「鍋掛松」と呼ばれ、芋煮会の歴史を今に伝えている。

<2号源泉>
ひまわりの湯
泉 質:ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉
適応症:きりきず、やけど、慢性皮膚病ほか

<3号源泉>
いずみの湯
泉 質:ナトリウム−塩化物温泉・炭酸水素塩温泉
適応症:きりきず、やけど、慢性皮膚病ほか


■ゆ・ら・ら
TEL:023-662-5780

料金:
1泊2食付 6,500円〜
日帰り入浴 300円(6:00〜22:00・第3月曜休館)

ひまわり温泉ゆ・ら・らは町唯一の温泉施設で1993年開業。日帰り入浴、宿泊が可能。大浴場には泉質の違う2つの源泉がひかれ、ともにかけ流し。外には源泉をひいた足湯もあり地域の憩いの場になっている。また、地元の農家が野菜や果物を持ち寄る産直施設「まるっと」も人気で、ゆ・ら・らにも野菜などを提供。ゆ・ら・らの名物料理は9月〜11月に味わえる芋煮。地元のサトイモ・長ネギ・山形牛を使ったこだわりの一品。