09年07月15日放送


※地図をクリックすると拡大します
【東北湯けむり紀行 放送日 2009年7月15日(水)】

「湧水の里にわくあったまりの湯」山形県遊佐町 鳥海温泉(ちょうかいおんせん)


■アクセス
【自動車】山形自動車酒田みなとICから国道7号経由で25分
【電車】JR羽越線吹浦駅から徒歩15分

山形県遊佐町は湧水の里。鳥海山を水源とする湧き水がいたるところから出ている。山に降った雪や雨が地下に浸透し約300年で日本海まで達するという。流れ込むミネラルを含んだ伏流水が特産の岩ガキを育む。岩ガキは6月下旬から8月中旬までが旬。大きくて甘い独特の味わいが特徴。鳥海温泉郷は夏に海水浴と岩ガキを楽しみに訪れる人が多い。温泉は塩分を含んだ「あったまりの湯」ぽかぽかしてぐっすり眠れるという。疲れが取れると人気。泉質はナトリウム-塩化物温泉で、適応症はやけど、きりきず、神経痛など。


●遊楽里(ゆらり)
【電話】0234-77-3711
7階建ての温泉旅館。最上階のレストランは絶好のビュースポット。海水浴場と吹浦港そして日本海の大海原が一望できる。自慢は庄内浜の魚介類を中心にした料理。夏は追加700円で旬の岩ガキを味わえる。夕日を眺めながらの食事は格別。宿泊料金は9250円から(1泊2食付)。



●あぽん西浜
【電話】0234-77-3333
【入浴】350円 午前6時〜午後10時 第2・4月曜休館
公衆浴場。足湯もあって夏は海水浴客やキャンプ客で賑わう。源泉が2つあり昔からの西浜源泉は内湯へ、新しい鳥海源泉は露天風呂へ。




●道の駅鳥海ふらっと 元気な浜店
【電話】0234-77-3422
【営業】午前9時〜午後5時30分(7月18日〜8月23日は午後6時30分まで)
山形県漁協女性部吹浦支部が運営する鮮魚直売店。夏は岩ガキの生食が大人気(小さいものは400円ほど)。