09年07月16日放送


※地図をクリックすると拡大します
【東北湯けむり紀行 放送日 2009年7月16日(木)】

「北上川の恵みを満喫する河口の温泉」宮城・上品の郷(じょうぼんのさと)ふたごの湯


■アクセス
【自動車】三陸自動車道河北ICで降りて左折し気仙沼方面に約500m。


●道の駅「上品の郷」&日帰り入浴施設 ふたごの湯
【住所】宮城県石巻市小船越字二子北下1-1
【電話】ふたごの湯0225(62)4126 / 道の駅0225(62)3670
【HP】http://www.joubon.com
【泉質】含鉄‐ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉/高張性中性冷鉱泉
【効能】神経痛・筋肉痛・関節痛など
【入館料】
平日・大人500円  小人200円
土日祝・大人700円  小人300円
【営業時間】
午前9時〜午後9時まで(定休日 第4火曜日)

2005年3月オープンした道の駅「上品の郷」。「上品」は仏教用語で、近くの上品山(じょうぼんざん)に由来する。農産物直売所「ひたかみ」と旬の食材を楽しめるレストラン「栞」や日帰り入浴施設「ふたごの湯」などで構成される。ふたごの湯には石づくりの浴槽「かしわ」とヒノキの浴槽「さくら」があり、隔週で男女入れ替え。シジミラーメンは750円(6月〜11月は生のシジミを使用)



●北上川のシジミ漁
日本で唯一、引き船による「シジミ漁」が行われている北上川。シジミは海水と真水が混じりあう汽水で育つため河口付近は絶好の漁場。良質の砂地がベッコウ色の美しい貝を作り出す。8月から9月上旬が漁の最盛期。700g1000円で道の駅で販売。