09年08月27日放送


※地図をクリックすると拡大します
【東北湯けむり紀行 放送日 2009年8月27日(木)】

「せせらぎも楽しめる 天然岩風呂〜宮城・作並温泉」

■アクセス
【自動車】東北自動車道の仙台宮城ICで降りて国道48号を山形方面へ。仙台宮城ICから約30分で到着。
【電車】JR仙山線で仙台駅から作並駅まで快速で約32分。





●鷹泉閣(ようせんかく)岩松旅館
代々岩松家だけに秘された名湯を地域の人に利用してもらいたいと藩に願い出て、1796年に藩主から「鷹乃湯」の名を授かる。作並温泉元湯を名乗り温泉街の中で一番の歴史を誇る。急な斜面に道を開いて作った天然岩風呂が人気で、88段ある階段廊下を進んでいくと谷底にコンコンと温泉が湧き出している。広瀬川のせせらぎを聞きながら楽しめる。4つの湯壷すべて自噴。泉質はほとんど変わらないが成分の配合がわずかに異なる。泉質はナトリウム・カルシウム‐硫酸塩・塩化物泉で、神経痛や皮膚病、慢性消化器病に効能。
【電話】022(395)2211
【HP】http://www.iwamatu-ryokan.com
【日帰り入浴】1人1500円
【受付時間】
平日  午前11時〜午後2時(入浴時間は午後3時まで)
日祝日 午前11時〜午後1時(入浴時間は午後2時まで)


●定義とうふ店
【電話】022(393)2035
作並温泉から車で15分ほど走った定義如来西方寺の門前町にある豆腐店。三角油揚げが大人気。観光シーズンには1日に1万枚揚げることも。手のひら大の油揚げを低温と高温で2度揚げすることで表面がサクサクに。なぜ三角なのかは不明だが100年前から愛されてきた味。揚げたてを店頭で購入した場合1枚120円、お土産や地方発送の場合は5枚入りで550円。