09年09月17日放送


※地図をクリックすると拡大します
【東北湯けむり紀行 放送日 2009年9月17日(木)】

「そぞろ歩きを楽しむ街〜山形・あつみ温泉」

■アクセス
【自動車】山形自動車道鶴岡ICから国道7号を経由して40分
【電車】JR羽越線あつみ温泉駅から乗り合いタクシーで5分(250円)
※乗り合いタクシーは前日までに2名以上で要予約
(あつみ観光タクシー 0235-43-2330/庄内タクシー 0235-43-3822)




あつみ温泉の歴史は古く、鎌倉時代後期に湯治場が形成され、江戸時代には庄内藩の湯役所が置かれ歴代藩主も湯治に訪れたという。朝市は260年前から続く伝統の市で湯治客が食材などを買い求めるために始まった。現在は、あつみかぶ、しな織物などの特産品を販売。湯治場の風情を残している建築物も多く街歩きが楽しい。「そぞろ歩きを楽しむ街」として整備が進み、温海川を中心に散策を楽しめるよう川沿いにベンチやテーブルを設置し、足湯を3カ所に設けた。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉で、適応症はきりきず、やけど、神経痛など。




●たちばなや
江戸時代創業の老舗旅館。庄内浜の魚介類を使った料理が自慢。
【電話】0235-43-2211
【宿泊】1泊2食付 14,850円〜 
【貸切露天風呂】60分3150円 ※要予約
【日帰り入浴】90分1,000円 正午〜午後8時
※繁忙期は不可



●チットモッシェ
足湯「もっしぇ湯」を併設したカフェ。オープンデッキで足湯を楽しみながら、スイーツやランチを味わえると女性に大人気。
【電話】0235-43-4390
【営業】午前10時〜午後6時30分(第3木曜定休)

●共同浴場 下の湯
共同浴場は3カ所。すべて無人で利用者は備え付けの箱に200円の協力金を入れる仕組み。
【入浴時間】午前6時〜午前9時30分 正午〜午後11時