10年5月6日放送

※地図をクリックすると拡大します
  【東北湯けむり紀行 2010年5月6日 放送】
「かじか鳴く里山の一軒宿〜宮城・鎌倉温泉」

■アクセス
【自動車】東北道・村田ICでおりて県道25号を西へ。産直市場みんな野の先(GS)を右折し山道を看板に沿って進む。村田ICから約15分



外観
薪ボイラー
風呂
清流
宿泊煉

 

●鎌倉温泉
【電話番号】0224(33)2533
【日帰り入浴】午前7時〜午後8時 大人300円・子供200円
【宿泊料金】 5250円(1泊2食付)

1062年「前九年の役」で重症を負った武将が夢のお告げで発見したと伝わる。旅館創業は1868年ごろで、古くからこの地を鎌倉沢と呼んでいたことにちなみ鎌倉温泉と名づけた。敷地内の山から伐採した木々を薪にして冷鉱泉をボイラー加熱している。通常の加温と違い薪を使用しているので肌の当たりが柔らかいと評判。泉質は低張性アルカリ性冷鉱泉(23.7℃)でPH値9.4とアルカリ性が非常に高い。古くから皮膚病の湯治場として知られてきた。

毎年4月中旬から6月は清流にしか住まないといわれるカジカ蛙が美しい声で大合唱する。
大正時代に建てられた宿泊棟は湯治宿の趣が残ると人気で県外からのお客さんが多い。



産直市場みんな野
 

●産直市場みんな野
【電話番号】0224(33)3915
【営業時間】午前9時〜午後6時(定休1月1〜3日) 

蔵王の生産者が朝に収穫したばかりの農産物や新鮮な山菜などを持ち込む産直市場。今は、てんぷらにするとおいしいアケビの花やタラの芽などが並ぶ。山ならではの食材が市価より安いとあって大人気。飲食店やホテルのシェフが買いにくるほどの鮮度も自慢。