10年6月24日放送
地図
※地図をクリックすると拡大します
 

【東北湯けむり紀行 2010年6月24日放送予定】
「入るだけではもったいない?〜宮城・中山平温泉」

■アクセス
【自動車】東北道・古川ICでおりて国道47号を西へ。古川ICから40分ほどで到着。
新庄からは国道47号を利用して約1時間。横手からは国道108号利用で約1時間30分。


花渕荘外観
庭園露天風呂
天然音泉水

●四季の宿 花渕荘(しきのやど はなぶち・そう) 
【電話番号】0229(87)2146
【日帰り入浴】午前8時30分〜午後9時  大人・500円 子供・300円
【宿泊】   1泊2食付(平日)1人7500円〜  
源泉が2本あり種類の違う泉質が楽しめる。内湯は単純温泉で、適応症は神経痛、筋肉痛、関節痛など。季節ごとの花が咲く庭園露天風呂には中山平温泉特有の「うなぎ湯」と呼ばれる硫黄泉が注がれている。泉質は含硫黄‐ナトリウム‐炭酸水素塩・硫酸塩泉で、適応症は慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、やけどなど。


蕎麦屋内観
蕎麦&日本酒

●板そば藤治朗(とうじろう)
【電話番号】0229(87)2322
【営業時間】午前11時〜午後2時30分(火曜定休)
中山平温泉郷に湧くアルカリ天然温泉水「玉鳴号(たまなるごう)」を使用した蕎麦屋。自家製粉のそば粉を使い太打ちでコシが強い板蕎麦として提供している。打つ・茹でる・つゆの各工程にアルカリイオン温泉水を利用していて、つやのある、香り高い蕎麦に仕上がる。玉鳴号は日本酒「中山平(なかやまだいら)」「大谷川(おおやがわ)」にも仕込み水として使われている。


鳴子峡

●鳴子峡(なるこきょう)
【問合せ】鳴子観光・旅館案内センター 0229(83)3441
地盤の隆起と大谷川(おおやがわ)の浸食で刻まれた深さ100mの大渓谷。新緑や紅葉の季節は特に美しい景色が楽しめる。遊歩道は一部閉鎖中の場所もある。