10年10月21日放送
地図
※地図をクリックすると拡大します
 

【東北湯けむり紀行 2010年10月21日放送】
「歴史と地鶏が自慢〜秋田・大葛(おおくぞ)温泉」

【自動車】東北道鹿角八幡平(かづの・はちまんたい)ICから国道282号・国道341号を経由して県道22号を大館市へ向かう。鹿角八幡平ICから約20分。
【鉄 道】JR花輪線 扇田駅から車で約30分。
【飛行機】大館能代空港から車で約1時間。




ベニヤマ外観
ベニヤマ風呂
ベニヤマ夕食
地鶏しゃぶ
ベニヤマふるさと館

 秋田県大館市比内町はかつて鉱山で栄えた。1975年に閉山した大葛(おおくぞ)金山は、1200年余りも金や銅を産出し採れた金は京都の金閣寺や奈良の大仏に使われたとも伝えられている。
温泉は大正時代、金山近くの家の風呂が不思議と皮膚病にきくと評判になり、村人が汲み出して岩風呂を作り湯治したのが始まりといわれる。

●比内(ひない)ベニヤマ荘
【電話】0186-57-2324
【日帰り入浴】午前8時〜午後9時 大人200円 子供100円
【宿泊】1泊2食付き 6240円〜(1室2名利用時)
閉山後、選鉱場跡に建てられた林業従事者保養施設が前身。泉質はカルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉で、適応症は動脈硬化症、切り傷、火傷など。
リーズナブルな料金ながら「とんぶり」や「比内地鶏」といった特産品を使った夕食はボリュームたっぷり。「比内地鶏しゃぶしゃぶ」(1人前2100円で4人前から・要予約・日曜日の提供無し)は生で食べられる位の鮮度でなければ提供できないため、生産地ならではのメニュー。 肉、皮、脂、卵、レバー、ハツ、砂肝と、まるごと1匹しゃぶしゃぶで食べられ、鶏ガラスープにくぐらせて、オリジナルポン酢で食べる。
敷地内には「大葛金山ふるさと館」もあり、鉱山の歴史を振り返ることができる。




町民浴場
町民浴場風呂

●大葛町民浴場
【電話】0186-57-2206
【日帰り入浴】午前6時〜午後9時 大人100円 子供50円
1966年のオープン以来、地元の人達のお風呂として連日にぎわう。泉質はカルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉で、適応症は動脈硬化症、切り傷、火傷など。ベニヤマ荘と共に、風呂の床材に濡れても滑りにくい「十和田石」を使用している。