10年12月9日放送
地図
※地図をクリックすると拡大します
 

【東北湯けむり紀行 2010年12月9日放送】
「朝日が見える太平洋絶景露天風呂〜宮城・南三陸温泉」

■アクセス
【自動車】三陸道桃生津山(ものうつやま)ICで下りて国道45号に入り北上する。桃生津山ICから約25分。


外観
露天風呂
いくら丼
いくら丼フェア
朝日

●南三陸 ホテル観洋
【電話】0226−46−2442
【日帰り入浴】南三陸キラキラいくら丼付日帰りプラン2520円
(12月末まで/1日10組限定)
平日 午前11時〜午後3時 /土日祝 午前11時〜午後2時
【宿泊】1泊2食付 1人 1万2640円〜(平日に東館利用/1室2名の場合)

東北の太平洋沿岸では珍しい海に臨む温泉。露天風呂は地下2000mから湧き出る 深層天然温泉で、海を眺めながら入るロケーションが人気。泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物泉(低張性中性低温泉)で、適応症は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩など。
黒潮と親潮が交差する世界有数の漁場・三陸の海が目の前に広がり1年を通して新鮮な海の幸が味わえる。特に志津川湾は鮭の水揚げ県内一。2011年1月末まで町内の飲食店7店と合同で「南三陸キラキラいくら丼フェア」を開催中。店ごとの個性的なイクラ丼が味わえる。(価格は1300円〜1800円)

ホテル観洋では 露天風呂の日帰り入浴といくら丼をセットにした日帰り温泉プラン(2520円)を1日10組限定で12月末まで実施。丼のみは1800円。通常の日帰りプランは露天風呂、館内利用券(1000円分)、タオルがセットで2100円。
イクラ丼とアワビの踊り焼きを楽しめる宿泊プラン(1泊2食付1人1万5000円)も1日20組限定で実施。