13年5月17日放送
地図
※地図をクリックすると拡大します
 

【東北湯けむり紀行】 2013年5月17日放送
山形県米沢市 姥湯温泉

■アクセス
【クルマ】
東北自動車道福島飯坂ICから国道13号経由で1時間
米沢市中心部から国道13号経由で1時間
【電車】
JR奥羽線峠駅で下車、宿の送迎車で25分

※注意
JR峠駅と姥湯温泉を結ぶ道路が工事中のため、一般車両通行止め。マイカー利用の際は峠駅に駐車して宿の送迎を利用すること。日帰り入浴も電話で要予約。
【送迎車(JR峠駅出発時刻)】
午前9時30分、午前10時30分、午後1時50分、午後4時
※米沢市によると工事は7月末までかかる見込み


桝形屋
桝形屋
桝形屋
桝形屋
桝形屋
吾妻連峰の奥地、標高1250mに湧く秘湯。米沢八湯に数えられる。
絶景の露天風呂が人気で秘湯ファン憧れの地とされる。

泉質:単純硫黄温泉
適応症:高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病ほか


■桝形屋
TEL:090-7797-5934(宿直通)
TEL:0238-35-2633(案内所)

料金:
1泊2食付 13,150円〜
露天風呂日帰り入浴(9:30〜15:30) 500円

1533年、米沢の遠藤大内蔵(えんどうおおくら)という人物が金山を探している時に温泉を発見、桝形屋を創業。以来、遠藤家が湯守を務め現在は18代目。冬は雪に閉ざされるため11月上旬から4月下旬は休業。2013年は4月26日にオープン、11月5日まで営業予定。建物は2005年に改築したもので客室13室、48人収容。男女別の内湯は24時間入浴可能。
宿の名物は自然の地形を生かした絶景の露天風呂。混浴2カ所、女性専用1カ所。混浴風呂は女性専用の時間帯も設定している。露天風呂の周辺では岩壁から源泉が吹き出す様子を見ることができる。新緑、紅葉の時期がベストシーズン。