お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 郡仙台市長は宮城県の4病院再編方針に「大変遺憾」

郡仙台市長は宮城県の4病院再編方針に「大変遺憾」

2021年09月15日 17時16分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

 宮城県が示した再編の方針に、市内2つの病院が含まれる仙台市の郡市長は15日の市議会で不快感をあらわにしました。

 郡市長「県が4病院による新たな再編の枠組みを突然公表したことにつきましては、非常に驚いているところでございます。大変遺憾なことと受け止めております」

 15日の市議会で、郡市長はこのように述べ、今後は情報を明らかにして意見交換の場を設けるよう村井知事に強く求めていくことを明らかにしました。

 市の答弁によりますと、再編の枠組みに含まれた仙台市内の2つの病院は、市内全体の1割にあたる年間4000人を超える救急搬送を受け入れており、仮に市外に移転すれば救急困難事案の増加や搬送先が遠くなる可能性があります。

 また二つの病院は、地域のかかりつけ医で治療が難しい際に紹介先となる地域医療支援病院に指定されているため、患者の紹介先が遠くなる懸念もあるということです。