お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 村井宮城県知事は4病院の再編方針を変えず

村井宮城県知事は4病院の再編方針を変えず

2021年09月15日 17時15分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

 仙台市と名取市にある4つの病院を再編し、2つの拠点病院の新設を目指す方針を巡り、宮城県議会では撤回を求める声が上がりましたが、村井知事は方針を変えない考えを示しました。

 県は名取市の県立がんセンターと仙台市太白区の仙台赤十字病院を統合し、仙台市青葉区の東北労災病院と名取市の県立精神医療センターを集約する方針を示しています。

 15日の県議会で仙台市の救急医療体制の悪化が懸念されるなどとして、方針の撤回を求める声が上がりました。しかし村井知事は、救急医療などの課題の解決を目指すものだとして撤回しない考えを示しました。

 また、村井知事がこの方針を仙台市に説明したのが、県議会で方針を表明した当日の朝だった一方、病院誘致に名乗りを上げている名取市と富谷市には前日に説明していたとの指摘もありました。

 村井知事「こういう内容で表明してよろしいでしょうかという話を(仙台市に)させて頂いて、同意を頂いたということでございますので特に問題はないのではないかなと」

 病院の再編について、村井知事は2022年度中の基本合意を目指しています。