お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > khbニュース > 衆議院解散 事実上の選挙戦がスタート 宮城の各陣営も選挙態勢に

衆議院解散 事実上の選挙戦がスタート 宮城の各陣営も選挙態勢に

2021年10月14日 17時20分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

 衆議院が14日に解散され、事実上の選挙戦がスタートしました。

 宮城県内の各陣営も本格的な選挙態勢に入りました。

 衆議院が14日の本会議で解散され、与野党は19日公示、31日投開票の衆院選に向けて事実上の選挙戦に突入しました。

 土井亨氏「帰りの新幹線の時間は?」「午後3時20分か4時20分」

 5回目の当選を目指す自民党の前職、土井亨氏は解散後、党本部で宮城1区の公認書を受け取り、そのまま仙台に戻ると言います。

 土井亨氏「冬場にかけてまた拡大するという予測もされますので、今しっかりコロナ対策をしていく。初心に返って戦い勝ち抜くその思いだけいっぱいです」

 岡本章子氏「まだ冊子になっていない公約集を仙台に持ち帰ります」

 一方、前回の衆院選で比例代表で復活当選した立憲民主党の前職、岡本章子氏も14日中に仙台に戻り、選挙活動に専念します。

岡本章子氏「政権交代可能な大きな力になりたいと思っています。権力が長く続くとおごりや隠ぺいが行われる。これがこの4年間で明らかになりましたので、別の選択肢の受け皿があるということを示していきたい」

「衆議院を解散する。バンザーイ、バンザーイ」

 日本維新の会から立候補を予定する新人の春藤沙弥香さん(39)は、青葉区の選挙事務所で国会のネット中継を見守りました。

 春藤沙弥香氏「選挙がこれから佳境に入るな、本番だなという思いで身が引き締まりますね。今まで政治に無関心な方ですとか、あるいは今まで維新の会ですとかそういった政党を支持しない方のお声も一人一人拾っていきたい」

 大草芳江氏「教育と産業が循環するエコシステムというほうを、今回特に強調してまして」

 無所属での立候補を予定する新人の大草芳江さん(39)は、13日に急ピッチで選挙用ビラの内容をまとめました。

 大草芳江氏「やれることを1分1秒大切にしながら着実に進めていきたいなと考えております。自分たちが目指す社会像、そして感じている問題意識をより多くの方に訴えていくために、街頭演説を中心にして自分の思いを聞いていただけるよう訴えて参りたいと考えております」