お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > khbニュース > 宮城県の割り増し食事券2022年2月まで利用期間を延長

宮城県の割り増し食事券2022年2月まで利用期間を延長

2021年11月22日 17時30分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

 宮城県が新型コロナ対策を認証した飲食店で使える割り増し食事券の利用期間が、2022年2月末まで延長されました。

 県の「認証店おうえん食事券」は、新型コロナ対策認証を受けた県内の飲食店約2000店で利用できるもので、1冊1万2000円分の食事券が1万円で販売されています。

 利用期間は12月15日まででしたが、全国知事会を通じた国への要請によって、2022年2月末まで延長されることが決まりました。

 村井知事「これ以上(利用期間が)延びることはありませんできないそうです。これ以上延びることはありませんので、この期限内に必ず使い切るようお願いします」

 利用期間の延長に伴い、販売期間も2022年1月末まで延長されます。

 県によりますと食事券は60万冊が発行されていますが、販売は今月14日時点で約8万5000冊に留まっているということです。