お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > ANNニュース > 辺野古巡り“不承認”政府「理由精査し対応決める」

辺野古巡り“不承認”政府「理由精査し対応決める」

2021年11月26日 12時04分

ニュース画像

在日アメリカ軍普天間基地の移設を巡り、沖縄県側が政府が申請した設計変更を不承認としたことに対し、松野官房長官は「理由を精査して今後の対応を決めていく」と述べるにとどめました。

 松野官房長官:「沖縄防衛局において、不承認処分の理由の精査を進めていくことになる。辺野古移設が唯一の解決策であるという考えに変わりはありません」

 名護市辺野古沖で軟弱地盤が見つかったことを受け、国が申請した設計変更について、沖縄県は25日に不承認を決定しました。

 松野官房長官は「理由を精査する」と述べたうえで、現在、行われている埋め立て工事は進めていく考えを示しました。

 不承認に対して防衛省は対抗措置も考えていて、再び法廷闘争に発展する可能性もあります。