お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > ANNニュース

ANNニュース

歌手・鬼束ちひろ容疑者 器物損壊容疑で現行犯逮捕

2021年11月28日19時18分

ニュースの画像

東京・渋谷区で救急車を蹴ったとして歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)が器物損壊の疑いで警視庁に現行犯逮捕されました。

熊本・くま川鉄道が一部再開 豪雨被災から1年5カ月

2021年11月28日19時07分

ニュースの画像

去年の熊本豪雨で被災し、全線で運休していたくま川鉄道がおよそ1年5カ月ぶりに運行を再開しました。

 くま川鉄道は、去年の豪雨で橋が流失したほか、保有する車両すべてが浸水被害を受けました。

 28日は豪雨の犠牲者に黙祷(もくとう)が捧げられた後、第一便が出発しました。

 女子高生:「楽しみ。久しぶりに汽車に乗れるので」

 男の子:「(鉄道に乗って)楽しかった。自分のおうちが見えた」

 運行が再開されたのは全区間のおよそ7割で、全線での運行再開のめどはまだ立っていません。

 残りの区間は引き続きバスによる代替輸送が行われます。

中国の刑務所から脱獄した男 41日目にして身柄拘束

2021年11月28日19時02分

ニュースの画像

中国の刑務所から脱獄した北朝鮮からの脱北者とされる男が逃走から41日目に身柄を拘束されました。

 複数の警察官がうなだれる容疑者の男を船から降ろしていきます。

 吉林市公安局によりますと、28日、拘束された朱賢健容疑者(39)は、強盗などの罪で吉林省の刑務所に服役していましたが、先月18日におよそ6メートルの塀を乗り越えて脱獄しました。

 逃走中は、変装を繰り返していたほか、およそ20キロ離れた結婚式の会場にも姿を現したということです。

 中国メディアは朱容疑者は、北朝鮮からの脱北者で出所後には北朝鮮へ送還される予定だったと伝えています。

紅葉景色のなか…富士山マラソンが2年ぶり開催

2021年11月28日19時00分

ニュースの画像

山梨県では去年、新型コロナの影響で開催が見送られた富士山マラソンが2年ぶりに行われました。

 青空に映える富士山を背に多くのランナーが駆け抜けていきます。

 富士山マラソンは、富士山が世界遺産に登録されたことをきっかけに始まり、10回目となります。

 今年は、参加を国内在住のランナーに限定し、人数も前回の半分以下となる5000人に制限するなどの感染対策を行い実施されました。

 28日の河口湖は冷え込みが強まりましたが、参加したランナーは雪化粧した富士山のもと、深まる紅葉と湖畔のコントラストが美しいコースを思い思いのペースで走っていきました。

連日寒さ強まる関東 最低気温は一桁が当たり前に

2021年11月28日18時44分

ニュースの画像

28日の朝は都内でも霜の降りた所がありますし、関東各地で今シーズン一番の寒さでした。

 29日の朝はさらに冷え込む所がありそうです。北部を中心に冷え込みが強まり、水戸やさいたまなど市街地も0度の予想です。通勤通学の時間帯も厳しい寒さなので、しっかり着込んでお出掛け下さい。日中も15度に届かない所が多く、この時期らしい気温となりそう。

 そして、この先は、関東の天気に変化が出てきます。29日はまだ高気圧に覆われて晴れの天気が続きます。風も穏やかで、日差しの温もりも感じられそうです。

 ただ、一日中晴れるのは29日までです。晴れをもたらす高気圧が離れた後は、低気圧や前線が関東に近付きます。1日には関東でも雨や風が強まって、荒れた天気になる恐れがあり注意が必要です。

 火曜日は関東南部で雨が降り出し、水曜日は広く雨や風が強まります。この先、最低気温は一桁が当たり前になってくるでしょう。

 水曜日は20度近くまで気温が上がりますが一時的で、すぐに冬らしい寒さが戻りそうです。

歌舞伎町のビル屋上で男性暴行死 白昼堂々…何が?

2021年11月28日18時27分

ニュースの画像

日本最大級の歓楽街、新宿歌舞伎町にあるビルの屋上で、43歳の男性が暴行を受け死亡しました。事件が発覚したきっかけは、近くのビルから犯行の瞬間を見ていた女性の110番通報でした。

 歓楽街のビルの屋上で…白昼堂々…暴行…。27日、新宿・歌舞伎町のビルの屋上で氏家彰さんに暴行を加え、死亡させた疑いで関口寿喜容疑者(26)と少年2人が逮捕されました。

 現場となったのは、新宿区役所の向かい側に位置するビル。この屋上です。人目を避けた犯行だったのでしょうか…。暴行が行われていたのは、11階建てビルの屋上です。被害者と容疑者らがいたのは、この限られたスペース。当人たちしか知り得ないような状況です。

 ところが、27日午後2時45分ごろ、暴行を目撃したという通報が入ったのです。暴行が加えられていたビルからおよそ80メートル離れたビル。そこから女性が、暴行現場を目撃していたのです。

 暴行を目撃した女性:「ビルの屋上で人が殴られている」

 女性は110番通報。警察官が駆け付けると、意識不明の氏家さんが倒れていて、その後、死亡が確認されました。

 警視庁によりますと、目撃者からの通報を受けて駆け付けた警察官が現場近くにいた関口容疑者を見つけ、取り押さえました。

 面識があったという関口容疑者らと氏家さん。関口容疑者らは、事件が発覚するおよそ7時間前に氏家さんを囲みながら現場ビルへと向かう様子が周辺の防犯カメラに映っていたということです。

 警視庁の取り調べに対して、3人はいずれも容疑を否認しています。

 暴行を加えたのは、逮捕された3人以外にもう1人いたとみられ、警視庁は行方を捜しています。

世界各地で感染続々「オミクロン株」 厳しい対策も

2021年11月28日18時23分

ニュースの画像

南アフリカ発の新たな変異株「オミクロン株」の感染者が世界各地に広がり始めています。強い感染力やワクチンの効果が小さい可能性も指摘されているなか、ファイザーなどはオミクロン株に対応するワクチンの製造に向け、早くも動き出しました。

 米国立アレルギー感染症研究所、ファウチ所長:「非常に急速な感染拡大が起きているようだ」

 新たな脅威となっている「オミクロン株」。アメリカで新型コロナ対策にあたるファウチ氏は、NBCの番組で「オミクロン株」について「世界中に感染が広がることになる」と警鐘を鳴らし「すでにアメリカに流入していても驚かない」と語りました。

 現在「オミクロン株」は南アフリカを始め、ボツワナ、イスラエル、ベルギー、香港、イギリス、ドイツ、イタリアで確認されています。

 海外メディアによりますと、チェコやオーストリアでも感染が疑われる例が見つかっているということです。

 オランダでは、南アフリカから帰国した61人が陽性と判明し「オミクロン株」か調査しています。

 ヨーロッパでの感染確認が相次ぐなか、流入を防ぐため世界各国では、アフリカ南部からの渡航を制限する動きが広がっています。

 イスラエルでは、特別な許可がない限り、すべての外国人の入国を禁止すると、一段と強い対策を発表しました。26日に「オミクロン株」の感染者が確認されて、現在も7人に感染の疑いがあることから、詳しい検査が進められています。イスラエルは、今月1日に海外観光客の受け入れを再開したばかりでした。

 日本でも水際対策を強化するため、南アフリカなど9カ国からの入国者らに10日間の待機を義務付けていますが。

 昭和大学医学部・二木芳人客員教授:「緩いんじゃないかと思いますよ。入って来られる方、すべての方に対して一定期間の停留をお願いするなど、厳しい対策を取ることも私はやりすぎではないと思います」

 感染症の専門家・二木さんによりますと、ヨーロッパにも感染が広がりを見せるなか、9カ国に限定してた対策では流入してしまう可能性があるといいます。

 一方、震源地とされる南アフリカでは、現地に住む日本人に影響が出始めているといいます。

 ヨハネスブルク日本人学校・緒方和幸校長:「うちの職員が2人、一時帰国を予定しておりますが、1人は子どもさんが小さいので、10日間の強制隔離を発表された時点で(帰国を)取りやめました」

 日本で受験を控えた子どもたちにも影響が出ています。

 ヨハネスブルク日本人学校・緒方和幸校長:「中学3年生が予定よりも早く、1家族帰りたいという連絡が1本、入りました。その家庭は、とにかく10日の余裕をもって、私立校ですから、早く試験があるので余裕をもってということになります」

 国立感染症研究所によりますと、「オミクロン株」はスパイクタンパク質に32カ所の変異が生じていて「細胞への侵入しやすさに関連する可能性がある」としていて、免疫を回避し、ワクチンの効果を低下させるとの懸念も出ています。

 昭和大学医学部・二木芳人客員教授:「いっぱい変異しているので、慎重に考えておかなければいけない。今の段階では、決定的なことは言えないけれども、ワクチンの効果は劣る可能性はある」

 現在、製薬会社はワクチンの有効性を検証するなど、対応を急いでいます。

 ロイター通信によりますと、ファイザーとワクチンを開発した「ビオンテック」は、「オミクロン株」に対する有効性を判断するデータが2週間以内に得られる見通しを示しました。従来のワクチンが効かない場合は、対応するワクチンを6週間以内に製造し、100日以内に供給を始める方針だといいます。

 また、モデルナやアストラゼネカも「オミクロン株」に対する有効性を調べる試験などに着手しているといいます。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021

各地で今季一番の冷え込み 異例の大雪で立ち往生も

2021年11月28日18時16分

ニュースの画像

強い寒気の影響などで28日朝は全国各地で今シーズン一番の冷え込みとなったほか、季節外れの大雪の影響で群馬県草津町では、一時、車両の立ち往生も発生しました。

 青空と白銀のコントラストが映える群馬県・赤城山。28日は、各地で今季一番の冷え込みとなりました。

 名古屋では、初霜・初氷が観測されました。

 うっすら雪化粧をまとった岐阜県高山市。恒例の朝市も、足元には火鉢が欠かせません。

 シカの吐く息も白く染まった奈良。最低気温は3.2度となり今シーズン一番の寒さとなりました。

 群馬県草津町で発生した車の立往生。午後4時すぎに、交通規制は解除され、車はすべて移動されました。

 今シーズン一番の冷え込みとなった東京。

 横浜では、一足早いクリスマスを味わえるイベントが人気です。今年で12回目を迎えるクリスマスマーケットです。あったか~いシチューなどのグルメや…。去年は、感染拡大のためできなかった、ワークショップが再開。人々は久しぶりのお酒とお出掛けを楽しみました。

 27日は、今年一番の来館者数となるなど、様々な緩和とともに“以前のクリスマス”が戻りつつあります。

 29日朝の冷え込みも全国的に強まる見込みです。

茂木氏が軽石被害を視察「懸念払拭できる対策取る」

2021年11月28日18時12分

ニュースの画像

自民党の茂木幹事長が軽石の被害が出ている沖縄県の漁港を視察しました。

 27日から沖縄県を訪問している茂木幹事長はうるま市の漁港を視察し、沖縄ブランドの養殖魚「琉球スギ」が軽石を飲み込んで500匹死ぬなど数百万円の被害について説明を受けました。

 軽石の撤去作業は継続して行われていますが、風向きによっては再び漂着する可能性もあるということです。

 茂木幹事長は「懸念が払拭できる対策を取る」と述べ、今年度の補正予算案に180億円を計上する方針を強調しました。

放火で死亡の兄弟と最後のお別れ 棺にはバットも

2021年11月28日18時11分

ニュースの画像

兵庫県稲美町で、小学生の兄弟2人が死亡した放火事件で28日、兄弟の告別式が営まれました。

 松尾侑城さん(12)と眞輝さん(7)兄弟の告別式には午後、加古川市で営まれ、親族や同級生らおよそ150人が参列しました。

 棺の上には、野球好きだった兄弟をしのんで、バットなどが供えられ「天国で手を携えて、野球を楽しんでいると思います」という、両親の言葉が代読されたということです。

 一方、逮捕された伯父の松尾留与容疑者(51)が、火災の翌朝、JR明石駅から電車で大阪に向かっていたことが新たに分かりました。

 駅の防犯カメラに、電車に乗り込む姿が映っていたということです。