お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > 番組向上の取り組み > 番組審議会 > 第46期 番組審議会議事概要 > 南東北らーめんバンザイ!~至福の一杯を探して~

南東北らーめんバンザイ!~至福の一杯を探して~

開催日 2020年11月25日(水曜日)

 11月25日(水)午前10時45分から、KHB東日本放送本社で第461回東日本放送番組審議会が開催され、「南東北らーめんバンザイ!~至福の一杯を探して~」について審議しました。
 この番組は、テレビ朝日系列のKHB、YTS山形テレビ、KFB福島放送と東北朝日プロダクションが共同で制作、3県で放送したグルメバラエティです。
 宮城、山形、福島の南東北3県の好アクセスを利用して1泊2日でラーメンの聖地を巡る、朝から晩までラーメンづくしの旅。無限の引き出しを持つ南東北のラーメンに驚きます。出演は、お笑いコンビのU字工事と、フードジャーナリストのはんつ遠藤さんです。
 委員からは、「3県それぞれに個性的なラーメンを紹介していて、バリエーション豊かで飽きさせない工夫を感じた」「ラーメン好きが画面から伝わるU字工事のリポートに好感が持てた」「南東北各地のラーメンを1泊2日で食べ歩くというコンセプトが分かりやすく、出かけてみようと思わせる番組だった」「高速道路の整備など交通の便が良くなり、県単位の情報にとどまらず3県をめぐるという企画趣旨は、視聴者に役立つものと高く評価する」といった意見が出ました。
 一方で、「ラーメンを食べるシーンのカメラワークが単調だった」「個性的なラーメンが多かったせいか、味のリポートにもうひと工夫欲しかった」「番組の最後に店舗や移動ルートをおさらいしたほうが、より分かりやすかったのではないか」といった指摘がありました。
 番組担当者からは「幅広い世代が楽しく見ることが出来るように、そして食べに出かけてみようと思っていただける番組を心がけました。いただいたご意見を真摯に受け止め、今後もより良い番組制作に取り組んでいきます」と述べました。