お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > 番組向上の取り組み > 番組審議会 > 第47期 番組審議会議事概要 > 愛され過ぎる政宗さま すべての道は藩祖に通ず!?

愛され過ぎる政宗さま すべての道は藩祖に通ず!?

開催日 2021年10月27日(水曜日)

 10月27日(水)午前10時45分から、東日本放送・本社(太白区あすと長町)で第470回番組審議会が開催されました。
 今回の対象番組は「愛され過ぎる政宗さま すべての道は藩祖に通ず!?」(10月2日12:00~12:55放送)です。東日本放送が社屋移転を記念して企画・制作した特別番組で、宮城県内で放送した歴史バラエティ番組です。

 委員からは「伊達政宗という、県民ならだれもが知っている人物にまつわる4つのテーマについて、専門家の意見等を取材し、検証しながら組み立てていくという企画が面白く、最後まで興味深く視聴することができた」「仙台の歴史や文化について再認識する良い機会になった」「俳優の高橋英樹、タレントの王林、サンドウィッチマンの伊達みきおといった出演者たちのバランスが良く、土曜の昼に相応しい、家族揃って観られる良質な歴史バラエティだった」「過去の史実の紹介だけではなく、現代の仙台とのつながりが描かれていてとてもよかった」といった評価がありました。

 一方で「4つのテーマについて、取り上げ方にブレがあったように感じた」「仙台の街づくりの話題の中には他の番組でも見たことがあるような情報もあり、新鮮味がなかった」といった意見がありました。
 番組担当者は「仙台藩祖・伊達政宗について、歴史好きな人にも、それほど興味のない人にも楽しんでもらいたいと考え、演出に工夫をした。また、『過去の話』としてではなく、現代につながることも交えて構成した。今日いただいたご意見を今後の番組づくりに活かしたい」と述べました。